New!

第39回みんなで憲法を考えてみる集い

講演      平成から令和へ?日本はどこに行くのか

話す人   西谷   修 (にしたにおさむ)さん(東京外国語大学名誉教授)

日時  2019年5月19日(日)10時~12時15分

会場  小金井市市民会館萌え木ホール(商工会館3階)

資料代   500円(学生無料)

事前申し込み不要。当日直接会場にお越しください。

  (会場地図は下にあります)

平成とはどんな時代だったのか
   平成天皇は、昨年12月の誕生日会見で「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています。」と語りました。
   平成とは、平和が脅かされて右傾化が進んだ時代として記憶されるのかもしれません。
   この間、新自由主義経済のもとで格差と貧困が広がり、安倍政権による行政の私物化(モリ・カケ問題等)と沖縄米軍辺野古基地建設反対の民意の徹底否定、官僚の隠ぺい、改ざん、忖度(そんたく)の横行など、この国のかたちがどんどん劣化しました。
令和の時代の日本の針路は
   自衛隊を憲法9条に明文化して軍備を拡大し、対米従属をいっそう強めて戦争ができる国づくりを進める。最後の仕上げは、平和憲法を否定した自民党改憲草案の実現・自主憲法制定です。

   令和をそんな時代にしてよいのでしょうか。
   西谷修さんは、どんな改憲でもなく、むしろこの憲法の理念を世界に想起させ続けることの方が、何より人類に対する日本の貢献になるでしょう、と語ります。西谷修さんに令和の時代にとるべき日本の針路についてお話しいただきます。
西谷 修さんプロフィール
   1950年、愛知県生れ。明治学院大学、東京外国語大学大学院、立教大学文学研究科の教授を歴任。フランス現代思想の研究をベースに、戦争論、世界史論、ドグマ人類学などグローバル化した世界の諸問題を広く論じる。

  「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人。

   主著に『不死のワンダーランド』(青土社)、『〈テロル〉との戦争』(以文社)、『理性の探求』(岩波書店)、『アメリカ、異形の制度空間』(講談社メチエ)など。

西谷修さんチラシ.pdf
PDFファイル 256.5 KB

【会場案内図】 小金井市商工会館    JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩7分)

終了しました!

くわしくはこちらから  →  講演動画  参加者の声など

< 3/10「小金井平和の日」連携市民自主事業 >

■第76回みんなで平和を考えてみる集い

講演   歴史の忘却がつくりだす「日本人らしさ」-「日本スゴイ」国策の現在

話す人   早川 タダノリ(はやかわ ただのり)さん (フリー編集者)

 

日時  2019年3月9日(土)14時~16時15分

会場  小金井市市民会館萌え木ホール(商工会館3階)

危ない!それはいつか来た道~戦争の記憶と平和の継承を考える

  テレビのバラエティー番組などでやたらと「日本はスゴイ」系が増えて、書店ではヘイト系や日本礼賛の書籍が平積みになっています。

  現在、安倍政権は「クールジャパン」戦略のなかに「日本スゴイ」コンテンツを組み込み、学校現場の「道徳」教科書にも「日本スゴイ」は導入されています。この「日本スゴイ」と歴史修正主義は接続しています。

  早川さんは、大東亜戦争のプロパガンダを復活させたような人たちがそのまま「日本スゴイ」を持って歩いている、彼らは本気だ、と言います。 

  5月の天皇代位でさらに動きが強まる、この現代の国民統合イデオロギーについて考察しました。 

終了しました! 

くわしくはこちらから →  講演動画   参加者の声など

■第75回みんなで平和を考えてみる集い

講演   民意は基地も安倍改憲もNO!--憲法と沖縄・横田と日米地位協定

話す人   小森 陽一(こもり よういち)さん (東京大学大学院教授、九条の会事務局長)

日時   11月25日(日)午前10時~12時15分

会場   市民会館萌え木ホール

沖縄の民意を実現し民主主義を取り戻すために

  沖縄県知事選挙は「安倍政権と沖縄の民意の戦い」と言われていました。

   結果は9月30日に「基地はいらない」という民意が大差で示されて、翁長知事の遺志を継ぐ玉城デニーさんが沖縄県知事選挙史上最多の得票数で勝利しました。
   憲法9条についても、「いま改憲を急ぐことはない」が世論の多数です。
   安倍政権から民主主義を取り戻し、私たちの民意を実現させる闘い方について、小森陽一さんにお話しいただきました

終了しました! 

くわしくはこちらから →  講演動画   参加者の声など

第74回みんなで平和を考えてみる集い

講演   朝鮮半島情勢と日本の針路 -- 改憲・軍拡は必要なのか --

話す人  山田 朗(やまだあきら)さん(明治大学教授、日本近現代史)

日時  2018年9月16日(日)10時~12時15分

会場  市民会館萌え木ホール

朝鮮半島の平和と繁栄こそが最大の日本の安全保障

  今年になって朝鮮半島に歴史的な変化が訪れています。4/27北首脳会談と6/12米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化、朝鮮戦争の終戦、北朝鮮の体制証等が話されました。

   しかし安倍政権は昨年、北朝鮮を「国難」とまで敵視して、依然として日朝交渉に関して圧力は緩めない、拉致問題の解決が先、との姿勢を変えていません。 

  北東アジアに平和と繁栄が実現すれば、日米安保や改憲の根拠が大きく揺らぎす。  アジアとともに生きる日本の進路と課題について、山田さんにお話しいただきました。 

終了しました! 

くわしくはこちらから →  講演動画   参加者の声など

第38回みんなで憲法を考えてみる集い

講演  9条を活かす日本  -- 15%の市民の行動で社会が変わる --

話す人  伊藤  千尋(いとう ちひろ)さん  (ジャーナリスト、元朝日新聞記者)

日時   2018年5月20日(日)10時~12時

会場   市民会館萌え木ホール

きらめないこと、市民のちからで安倍改憲をSTOPさせよう

   いま北東アジアの情勢が大きく動いています。朝鮮半島の緊張緩和は、歴史的な安全保障環境の変化の始まりかもしれません。

   そうしたとき日本外交が依るべき指針は、軍事に頼らない平和の構築と外交努  力での紛争の解決を謳った憲法前文と9条の理念です。

  この「非戦の理念」は、多くの国民の心からの支持と戦後の日本の再出発にあたってのアジア諸国民への謝罪と誓約でした。

  この9条を安倍政権は変えようとしています。伊藤さんは憲法の「非戦の理念」を実現化した諸外国に学び、市民のちからで安倍改憲をSTOPさせようと訴えました。

終了しました! 

くわしくはこちらから 講演動画   参加者の声など

73回みんなで平和を考えてみる集い

講演   憲法改正国民投票が危ない -- 自民党・大手広告代理店とメディアに操作される国民投票 --

話す人 本間  龍(ほんま  りゅう)さん  (作家、元博報堂社員)

日時  2018年2月25日(日)10時~12時15分 

会場  市民会館萌え木ホール 

広告宣伝が国民投票の結果を左右する

  憲法改正の国民投票が現実になったらもう手遅れになるかもしれません。国民投票法には、公職選挙法と違って事前運動の禁止規定がなく寄付も青天井、投票運動(選挙活動)期間中の広告宣伝規制もほとんどありません。

  自民党と財界は圧倒的な資金力で大手広告代理店と組んでテレビCMを   大量投入し、新聞、雑誌、週刊誌、ラジオなどの広告宣伝枠も買い占めるこ とでしょう。

  カネのちからで国の将来が決められようとしています。改憲派によるメディア操作と世論誘導を可能にする国民投票法の問題点について本間龍さんにお話を伺いました。

第72回みんなで平和を考えてみる集い

講演  憲法9条と東アジアの安全保障 --平和のために考える戦争と憲法--          

話す人  柳澤  協二(やなぎさわ  きょうじ)さん (元内閣官房副長官補、国際地政学研究所理事長)

日時  2017年12月10日(日)10時~12時

会場  小金井市商工会館2階大会議室

力による抑止で高まるリスク、日本国憲法の理念は「非戦の誓い」だ

   北朝鮮に対する武力行使を背景にした日米の圧力外交で、東アジアの平和は実現するのでしょうか。戦争を誘発する大変危険な賭けです。

   憲法には「非戦」の理念が示されている。専守防衛に徹して外に敵をつくら

ない、相手に恐怖を与えて戦争の誘因をつくらない。他国の戦争に関与しないということだ。

   柳澤さんは、この戦争をしないことが名誉だという非戦の理念は、日本の安全を具体的に守る観点から言ってもいまだに有効なものだと思う、と語りました。

第71回みんなで平和を考えてみる集い

講演  誰のための憲法改正なのか  -- 「お試し改憲」から「加憲」変種まで --

話す人 水島  朝穂(みずしま  あさほ)さん (早稲田大学法学部教授・憲法学)

日時 2017年9月9日(土)14時~16時15分

会場 小金井市市民会館萌え木ホール

憲法擁護義務のある首相が先頭になって改憲を叫ぶ異常さ

  安倍首相は5月3日、憲法改正を求める集会にビデオメッセージを公表し、2020年には自衛隊を九条3項に明記する加憲を実現すると表明しました。

  いま改憲を求める強い国民の声がどこにあるのか、いったい誰のための憲法改正なのでしょうか。

  こうしたとき、私たちは安倍加憲論にどう向き合うべきか、水島さんにお話しいただきました。 

第37回みんなで憲法を考えてみる集い

講演  憲法危機と「安倍政治」打開の展望 -- 憲法施行70年・到達点と課題 --           

話す人 渡辺  治(わたなべ  おさむ)さん(一橋大学名誉教授、政治学・憲法学)

日時 2017年5月20日(土)14時~16時15分

会場 小金井市市民会館萌え木ホール

かつてない憲法の危機と「新たな戦前」の始まり

  いま憲法施行70年の節目を迎えて、私たちは「安倍政治」によりかつてない憲法改悪の危機のなかにいます。

  すでに改憲勢力が国会で3分の2を占めるなかで、任期中に明文改憲を狙う  「安倍政治」打開の展望について、渡辺さんにお話しいただきました。

第70回みんなで平和を考えてみる集い

■講演  米国新政権と日本の安全保障  -- トランプと安倍のダブル暴走の行き着く先は            

話す人 孫崎  享(まごさき  うける)(東アジア共同体研究所所長・元外務省国際情報局長) 

日時  2017年2月19日(日)10時~12時15分

会場  小金井市市民会館萌え木ホール

トランプリスクにいつまで続く安倍政権の対米追随路線

  トランプ大統領は、「力による平和」を外交政策の中心に置いて軍備増強を図り、「アメリカ第一」を唱えています。

   安倍首相は、日米軍事同盟を「不変の原則」と賛美し、治安維持法の復活と言われている テロ対策法(共謀罪)制定や明文改憲をめざして、「戦  争ができる国」づくりに暴走しています。

  トランプとアベ政治が共振し暴走する先を、孫崎さんにお話しいただきました。

第69回みんなで平和を考えてみる集い

講演 アベノミクスが行き着く先 -- 衰退する日本経済と加速する民主主義破壊           

話す人 金子  勝(かねこ  まさる)さん(慶応大学経済学部教授) 

日時 2016年11月27日(日)14時~16時15分

会場 小金井市商工会館2階大会議室

永遠に「道半ば」のアベノミクスとは

  安倍首相はアベノミクスが目標を達成できないことを批判されると、「道半ば」と言います。誰も責任を取ろうとしません、失敗しても「道半ば」、 永遠に「道半ば」です。

   アベノミクスが行き着く先、この国はいったいどこに行こうとしているのでしょうか、金子勝さんにお話しいただきました。

第68回みんなで平和を考えてみる集い

講演  日米外交をひも解く--安保・原発・TPP・沖縄基地と日米関係の実像」--日米の選挙など昨今の変化を踏まえて          

話す人 猿田 佐世(さるた さよ)さん(新外交イニシアティブ事務局長・弁護士) 

日時  2016年9月4日(日)10時~12時15分

会場  小金井市市民会館萌え木ホール

日米外交の多くの歪みの象徴が沖縄基地問題である 

  現在の日米外交は、民意不在で当事者を抜きに進められている。沖縄基地、安保、原発、TPP問題等いずれも同様である。

  国際人権団体で活動し、ワシントンにも在住し、外交・政治問題に関して 米議会などで自らロビーイングを行ってきた猿田さんに、対米追従の日本外 交と日米関係の実像についてお話しいただきました。

第36回みんなで憲法を考えてみる集い

講演 今だからこそ「生きさせろ!」--生きづらさと、貧困、戦争、そして民主主義--

話す人 雨宮 処凛(あまみや かりん)さん(作家・活動家・「週刊金曜日」編集委員) 

トーク参加 SEALDs 加藤 友志(かとう ゆうじ)さん(東京学芸大学4年生)

日時  2016年6月5日(日)10時~12時15分

会場 小金井市市民会館萌え木ホール 

「アベノミクス」は絶対いらない、経済にデモクラシーを!

   格差・貧困の現場と安倍政権の暴走に怒る若者たちやママの行動について、そして戦争と貧困の親和性や改憲問題について、シールズ※の加藤友志さんも参加して雨宮さんにお話しいただきました。

   ※SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)

第67回みんなで平和を考えてみる集い

講演 日本政治の右傾化と市民社会の新たな連帯のかたち

話す人 中野 晃一(なかのこういち)さん(上智大学国際教養学部教授・政治学) 

日時 2016年3月20日(日)10時~12時15分

会場 小金井市市民会館萌え木ホール

市民運動と政党をつなぎ「戦争法」を廃止に追い込もう

  戦争法案成立後も市民運動は衰退せずに、今夏の参議院選挙に向けて「野党共闘」を呼びかけています。戦争法の廃止を求める市民運動の広がりこそが政党を動かす現実的な力になります。

  市民運動と政党をつなぎ立憲主義の回復をめざして奮闘中の、中野晃一さんにお話しいただきました。

 

 

第66回みんなで平和を考えてみる集い

講演 いま、アベ政治にどう立ち向かうのか ~戦後70年・憲法と戦争法と路上の民主主義~

話す人 小森 陽一(こもりよういち)さん(九条の会事務局長・東京大学大学院教授)

日時 2015年12月6日(日)10時~12時15分

会場 小金井市市民会館萌え木ホール

あきらめずに闘い続けること

9月19日未明に国会で「戦争立法」法案が強行採決されました。

安倍首相は再び戦争ができる国に変質させようとしています。

「アベ政治」にどう立ち向かうのか、小森さんにお話しいただきました。

 

 

  

第65回みんなで平和を考えてみる集い 

講演 紛争の現実と安保法制 ~自衛隊は何をすべきか~

話す人 伊勢﨑 賢治(いせざきけんじ)さん(東京外国語大学大学院教授・平和構築論)

日時 2015年8月30日(日)10時~12時15分 

会場 小金井市市民会館萌え木ホール

武装した自衛隊を海外に送るニーズはない

  国連職員や日本政府代表としてアフガニスタンなどの紛争地で武装解除を指揮した経験を踏まえて、安保法制の問題点について語っていただきました。

 

 

 

 

第35回みんなで憲法を考えてみる集い

講演  戦後70年・解釈改憲から明文改憲へ ~戦争のボタンを押すな~

話す人  清水 雅彦(しみずまさひこ)さん (日本体育大学教授・憲法学)

日時   2015年5月17日(日) 10時~12時15分

会場   小金井市市民会館萌え木ホール

戦争のボタンを押させないために、いま私たちに求められていることは 

  自民党の憲法改正草案をみれば、この国の将来像が分かる。憲法9条を否定し、米軍に追従して海外で戦争ができる国にすることだ。

  戦争のボタンを押させないために、いま私たちに求められていることを清水さんにお話しいただきました。

 

 


■過去の講演記録■■■

リンクしています◆◆

2016年12月4日(日)

午前10時~12時

ピースアクション講演会

「もしも、自民党改憲草案が実現したら?」

場所 小金井市萌え木ホール

参加費 500円

主催 こがねいピースアクション2015実行委員会

1204内山宙さんチラシ.pdf
PDFファイル 1.1 MB

過去の講演関係の

サイトにリンクする

学校に言論の自由を!

土肥裁判(元三鷹高校校長)に最高裁が不当な上告棄却決定(2015年2月17日)

土肥先生「無念の一言!」